やわい屋の行商

岐阜県飛騨高山にある「やわい屋」さんが2021年1月23日(土)から1月31日(日)の間、行商にきてくれます。今年も開催します、これで3回目のやわい屋の行商。食器やライトなど2Fのgalleryに200点ほど並びお買い求めいただくことができます。HOUSEHOLDで朝食やデザートで使っているお皿も2/3程度はやわい屋さんから買わせていただいたものです。ご興味のあるかたは、ぜひこの機会にお立ち寄りください。

「やわい屋」は朝倉夫妻が営む岐阜の高山の山間にある民芸品店。2015年から古民家の1Fで民芸のお皿や湯呑みなど食器を中心に販売していますが、2020年はさらに2Fを私設図書館として開設。民芸の分野だけでなく人文社会や小説など、過去から現在、未来におけるわたしたちの暮らし方や社会について考えを深めてくれるような本が並んでいます。そして朝倉くんのほうは、示唆に富んだ文章でわたしたちに投げかけをしてきたり(こちら)、ローカルテレビの情報番組にレギュラー登場してたり、最近ではポッドキャストのラジオ「ちぐはぐ学入門」も配信したりしています。年月を重ねてさらに濃ゆくなっていく「やわい屋」です。

(あ、一昨年も昨年も、やわい屋さんの紹介を(していないようで)しているので、よかったら読んでください)

<2019年>

この投稿をInstagramで見る

#やわい屋の行商 岐阜県、飛騨高山にある「やわい屋」さんが2019年1月22日(火)から1月30日(水)の間、行商にきてくれます。行商期間中は2Fのgalleryにやわい屋さんの商品が並びます。 @yawaiya_asakura やわい屋の朝倉くんとは2年ぐらい前に、飛騨高山の飲み会ではじめて会話を交わした。その時は夫の圭一くんだけで佳子ちゃんはいなかったけど、話の周りから朝倉夫婦が仲のよいことは感じ取れて、なんとなく夫婦共々仲良くなれそうな予感はしていた。翌朝、元々器が好きだった妻は勢いよくやわい屋へ行き、お店をぐるっとまわって気に入ったお皿を2枚買った(そのお皿はHOUSEHOLDでお出しする朝食で使う大切なお皿になっている)。 それからというものの、普段偶然会うような場所には住んでいないんだけど、共通の友人が多いのも幸いして互いの近況を知る仲になった。HOUSEHOLDを立ち上げる頃、気づいたら朝倉夫婦がなんか心の支えみたいになっていることに気づいた。あれ、確か実際に会ったのは2、3回だけだった気がしたが…不思議なこともある。 夏に宿をオープンして間もなく朝倉くんは泊りに来てくれた。がんばったね、とほめてくれたことが純粋にうれしかった。そして秋には夫婦揃って2回目泊りに来てくれた。佳子ちゃんに直接会ったのはそのときがはじめてである。「佳子ちゃんとちゃんなつは似ている」と何回か言われたことがあったが、その理由がわかった。夫が好きすぎるんだ。さらにこのあたりで気付きはじめたのだが、「高山/富山、朝倉/笹倉」となぜか韻を踏んでいるし、クールな夫/夫が大好きすぎる妻と夫婦のコンビネーションも似ている。もしかして互いに親近感がわいたのはこんな単純ポイントだったのかもしれない。 さて、一切「やわい屋」の説明になっていない。実際のところ、彼らのことをちゃんと説明しようとしても、彼らの目指す未来やその行動力を前にしたらなんだか陳腐になってしまいそう。だからわたしたちは「やわい屋の朝倉夫婦というわたしたちの大好きな友人が行商に来てくれますので、ぜひ彼らに会いに・器を買いにきてください」と言いたいと思う、言いふらそうと思う。大切なことなので2度いいます「彼らに会いに・器を買いにきてください」。

HOUSEHOLD(@householdbldg)がシェアした投稿 –

<2020年>

景色にだけではない、日々生活を営む上で使うものについても同じように接したい。人によって、どんな生活をしているかによって、何にこだわりを持つかは違うと思うけれど(たとえば文房具とか、車とか)、仕事でもプライベートでも人を招いて食事をすることが多いわたしたちは、とりわけ食器に目が行きがちだ。わたしたちは、海や山の恵みから人の手を渡り作られた料理で、おなかもこころも満たしたい。 そしておいしそうな料理が食卓に並べられた様も、食べ終わって皿が空っぽになった様も、やはり美しく愛おしい光景だ。そう思える日々をつくるために今日もがんばります。

さて、何の話かわからなくなってきました。大いに脱線したにもかかわらず、何が言いたいかというと「やわい屋の朝倉家というわたしたちの大好きな友人が行商に来てくれますので、ぜひ彼らに会いに・器を買いにきてください」。



さて、世の中がこんな状況なので声を大にしては言いにくいのですが、まあとにかく、よかったら来てください。生きている以上わたしたちの生活は続きます。せっかく生きているのならおいしいごはんを食べたいし、とっておきの料理はいい器でお迎えしたいものです。ね、きっとこれを読んでいるあなたもそうでしょう?

毎年とても人気なやわい屋さんの行商ですので、たくさんある中から選びたい方はご来店はお早めに。のんびりとみたい方は会期中後半に来ていただけると幸いです。

Place / 場所

HOUSEHOLD  2F gallery

Date and time / 日時

2021/1/23(土)-2021/1/31(日)13:00 – 18:00
朝倉君在店予定日は週末(23、24、30、31)予定です。
※木金は通常は定休日ですが特別に営業します。

Notice / ご注意事項

・なるべく現金でお願いいたします。
・お取り置きは原則できませんので、ご了承ください。


くまのひでのぶ 絵の行商&きむくまカレー(1月23日、24日のみ)

やわい屋の行商に伴い、絵描きのくまのひでのぶさんも絵の行商にこられることになりました。くまのさんは2020年夏岐阜県高山市へ移住し、やわい屋の朝倉君たちともご近所さんです。器とともに2Fgalleryで展示販売してくださるようなので、併せてご覧ください。

一足先に、HOUSEHOLDではくまのさんの絵を喫茶に飾らせていただいています。明るいとき、暗いとき、近づいたり、遠くからみたり、いろいろな表情が現れます。来週からも楽しみです。

くまのひでのぶ

野良の絵描き。兵庫県出身。会社員を退職後、武蔵野美術大学の在学時に独学で絵を描き出す。2014年に初個展を開催。店舗を持たない流しのカレー屋「きむくまカレー」主宰。
HP : https://kumachild511.wixsite.com/kumachild
Instagram :@kumachild


また2日限定(23、24日)1Fの喫茶でカレーとチーズケーキを提供してくれることになりました。器はやわい屋さんでお取り扱いのあるお皿です。気に入ったら2Fも覗いてくださいね。カレーの提供は12:00〜、数量限定となります。ご予約も可能ですので、以下をお読みになりご予約・ご来店ください。

メニュー

■ ラジマ豆とひよこ豆のカレー(ドリンク付)

1,500yen (各日15食)

ラジマ豆とひよこ豆のカレー

インドのラジマ(赤金時豆)とチャナダル(ひよこ豆)を使ったダルカレー。フルーツの果肉やココナッツミルクをたっぷり使い、こっくりとした味わいのルーに仕上げています。黒大豆などの穀物たっぷり、十六穀米入りのライスとともに。(具材:きのこ/紫玉ねぎ/大葉/ピーナッツ/フライドオニオン/山椒、ブラックペッパー)

■ バスク風チーズケーキ

500 yen (各日15食)

バスク風チーズケーキ

濃厚ながら軽くてなめらかな口当たりの、自家製バスク風チーズケーキ。あっさりとした甘さで、カレーのあとにも珈琲のお供にもぴったり。

場所

HOUSEHOLD 1F – kitchen

日時

2021/1/23(土)

カレーの提供:12:00~14:00(L.O.13:45、売切次第終了)
チーズケーキの提供:12:00〜18:00 (L.O.17:00、売切次第終了)
※2Fで開催する「#やわい屋の行商」は13:00〜となります。チーズケーキや喫茶のみご利用いただく方はいつもどおり14:00〜お願いいたします。

ご注意

・カレーの予約いただく方は12:00〜13:00の間にご来店ください。またお取置のご予約となりますので、店内が混雑している場合はご予約をいただいていても席があくまでお待ちいただく可能性がございます。時間には余裕を持っておこしください。
・カレーの提供はカウンター席のみの提供となります。テーブル席はご利用いただけませんので4名以上のグループの場合、席が離れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
・お子さま用のメニューのご用意はございません。辛味が苦手な方にも食べやすいよう、玉ねぎをたっぷり使って甘さのあるカレーにしています(市販のルーだと中辛と甘口の中間くらいですが、スパイスが苦手な方はお気をつけください)保護者の方のご判断にお任せいたさいます。アレルギーなどがある方は遠慮なくお問い合わせください。

ご予約方法

下記の申込フォームからお申込みください。メールやInstagramでのお申込みは無効となりますのでご了承ください。

ご予約は前日18:00まで、もしくは予定数に達し次第受付を終了させていただきます。

きむくまカレー

店舗を持たない流しのカレー屋として、2015年より間借り営業を中心に活動をはじめる。絵描きでもある店主くまのひでのぶの展示会でのケータリングなど、日本各地でカレーの出張食堂を開催。
Instagram:@kimukumacurry

reservation / ご予約

「 apply a event / イベントの予約申込 」にチェックをいれ、「 detail / 内容 」に以下の内容をご記入ください。

きむくまカレー
・日付: 1/23(土) or 1/24(日)
・カレーの数:
・チーズケーキの数:
・その他質問事項等:


inquiry before booking / 宿泊予約前の問合せinquiry / 営業に関する問合せonline shop / オンラインショップに関する問合せapply a event / イベントの予約申込kitchen / キッチンご利用の問合せgallrey / ギャラリーご利用の問合せfor a press / 取材や掲載のご依頼

>