「海辺のビルの小さな蚤の市 /冬の窓辺の楽しみを探す 」のご招待

 

こんにちは、笹倉です。HOUSEHOLDは富山県氷見市の海辺にあるビルの名前です。呉服会社だったビルを、2017年8月から笹倉が受け継ぎました。今後ここは「まちの勝手口」として、まちと料理を楽しむための海辺の小さな宿|キッチン付ホテル/グロッサリー/ブックストアに向け、リノベーション工事をしていきます。

2017年10月9日には「工事前お披露目会vol.3」と称して、はじめて「海辺のビルの小さな蚤の市」を開催しました。たいして大きく宣伝しなかったにもかかわらず、すてきな友人のおかげもありたくさんの方々があそびにきてくださいました。

前回の様子はこちらからご確認いただけます。
海辺のビルの小さな蚤の市

さて、11/19(日)に改めて蚤の市をすることにいたしました。現在HOUSEHOLDは工事前で前回でお披露目会は最後としておりましたが、やはり古いビルとあって工事も簡単にはいきません。すぐには工事を着手しない予定だった倉庫として使っている1Fも、すこし整理する必要が出てきました。というわけで、いくらふたりの趣味とはいえ、ずっとは溜めてはおけないのでちょっとさみしいけれど販売いたします(そもそもなぜ古道具があるのか、といったことは前回の告知をご覧くださいませ)。またビルは暖房が整っておらずとても寒いので、ホットコーヒーもご用意しようと思います。

海辺のビルの小さな蚤の市  Small flea market at seashore building  / 冬の窓辺の楽しみを探す

海辺にあるビル“HOUSEHOLD” で、期間限定の小さな蚤の市を開催します。

 

もうすぐ季節は冬を迎えます。晴れの日が少なくちょっとつらくなる時期、窓辺にちょっとでも飾りがあると窓の外を見る気分が少し変わるかもしれません。今回は冬の窓辺にお迎えしていただきたい、ガラス雑貨や花器、お皿、木枠の窓などを選んでみました。キャンドルホルダー、生花やドライフラワーを飾るのはもちろん、山の散策で拾った木の実、海辺で拾ったグラスや枝を飾るのにぴったりだと思うのです。

 

 

 

ほかにも古い生活雑貨・食器・本・家具・ジャンク品等が並びます(富山の古い家で眠っていたものが主です)。

(ご案内)
・アイテムは300点以上ありますが、その一部を出品いたします。
・なるべく値札をつけるようにしますが、ついていないものは都度ご相談となります。
・現金のみお取り扱いいたします。
・梱包はご自身で行っていただきます(梱包材は無料です)
・配送は可能ですが、配送料はご負担ください。またなるべくお持ち帰りにご協力ください。

2017/11/19(sun) 11:00-17:00

場所:HOUSEHOLD
はじめてのかたはInfomationをご覧ください。

主にInstagramで情報をUpdateします。
https://www.instagram.com/householdbldg/

coffee from our friends

わたしたちの友人から買った/いただいたコーヒー豆をお淹れします。ていねいじゃないけど許してね。

※ 本当は見晴らしのよい4Fもご案内したいのですが、当日雨天予報のため2F以上は今回はクローズさせていただきます。テイクアウトカップでご提供しますので、店内やストーブのまわりでお楽しみくださいませ。

Infomation

HOUSEHOLDへ来てくださる方は、下記InstagramアカウントのDM、もしくはメールにてお問い合わせください。住所や駐車場のURLをお送りいたします。近隣の方へ配慮してこのようなご案内とさせていただいております。お手数をおかけして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
Instagram :https://www.instagram.com/householdbldg
Mail :householdbldg[at]gmail.com

x
短縮営業中 [2pm-6pm (L.O.5pm) ] / 5月宿泊案内